2014.4.1
新しい環境で新たな研究にチャレンジします。
日本財団アジア・フェローとして滞在したコタキナバルより、3月に帰国いたしました。そして、3月末をもって13年間勤務した名古屋市立大学を退職し、本日より一橋大学・大学院社会学研究科・地球社会研究専攻に勤務することになりました。あらたな任務は、「グローバル・イシューとしての環境問題」を研究・教育するとともに、アジアの研究者・研究機関とネットワークを構築することです。ライフワークであるナマコ研究にくわえ、サメとクジラの問題にも取りくむ所存です。これまで同様、日本と海外を文字通り、マルチ・サイテットに動きまわりたいと考えています。ご指導くださいませ。
2011.5.10
『ナマコを歩く』と『海參戰役』
画像を拡大
 わたしが、ナマコに出会ったのは1990年1月のことでした。故鶴見良行氏の名著『ナマコの眼』(筑摩書房,1990)を手にしたときのことです。
 かれの描く「ナマコ的世界」に魅せられて20年。跡追いながらも、ようやく、『ナマコを歩く—現場から考える生物多様性と文化多様性』(新泉社)を昨年5月に上梓することができました。その中文版も、財團法人中華飲食文化基金會の出版助成をうけ、群學出版(台北市)から『海參戰役―從現場思考生物多樣性與文化多樣性』(童琳・陳佳欣訳)として、5月5日に発売されました。
 ナマコは、おもに中華食文化圏で消費されています。なので、拙著の中文版が出版されたことにより、より多くの関係者からの批評が期待できます。こうした批判を糧に、今後の研究をすすめてまいりたいと存じます。
2010.4.8
『ナマコを歩く―現場から考える生物多様性と文化多様性』近刊
画像を拡大
1997年以来、夢中になってきたナマコ研究の中間報告がまとまりました。3月にカタールで開催されたワシントン条約では、クロマグロに関心が集中しましたが、2002年以来、ナマコも同条約の俎上にあります。日本と東南アジアを中心としたナマコの生産地と中国食文化圏におけるナマコ食文化の現場を歩き、ナマコ食文化の今日をレポートしました。本書は、ナマコを中心にあつかっていますが、マグロやクジラに象徴される水産資源としての「野生生物」の保護について、消費者であるわたしたちは、いかに考えたらよいのか、という問題を提起したつもりです。ご批判いただければさいわいです。
ナマコのまなこ Blog from the Balat's Office
List of works
著作一覧を紹介します。
単著・共編著論文短文翻訳
Research Projects
Research Projects
研究プロジェクトについて
研究代表共同研究
Fieldwork
Fieldwork
ナマコを歩くについて
地域研究年報ゼミで読んだ本合同調査